Vitality makes Transformation

変化をチカラに、多様性をチカラに
いのちを活かしあう世界へ。
OUR PURPOSE

変化をチカラに、多様性をチカラに いのちを活かしあう世界へ。

VUCA、複雑系の中で、

よりそれぞれのいのちを活かし合うための個人・組織・社会の変容を、理論と実践で加速させることが私たちLa torcheの役割です。

VUCAワールドの中でも、いのちを活かしあうチカラを「Vitality(バイタリティ)」と呼び、そのチカラを高めるアプローチを実践とともに「Vitality Development Approach(ViDA)*」としてまとめてきました。世界を生命体的に捉え直し、エンパワメントするアプローチです。

実はSDGs、ESGなどでよく耳にするようになった「サステナビリティ」は、身体的・精神的そして社会的にも満たされ幸福である状態を意味する「ウェルビーイング」が基盤となっています。そのため、この「バイタリティ」という生命体的視点、それを高めるViDAの実践が欠かせないのです。

 

特に、近年企業は利益の追求、株主優位などのこれまでの常識が覆され、いかに「サステナビリティ」経営するか問われてきています。デジタル・トランスフォーメーション(DX)と並行して、サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)という旗印も現れ、事業性と社会性の統合変革などが求められるようになりました。

 

私たちLa torcheは、 ViDAを用いたSX(世間一般のSXとの違いもあり”Beyond SX”と呼んでいます)を通じて、人にも社会にも優しい企業、より存在目的(パーパス)を持って、ビジネス自体の持続可能性(サステナビリティ)をも実現する企業への組織改革、事業改革をサポートしていきます。

 

*Vitality Development Approach(ViDA) は、La torche,Inc.が開発したオリジナルのアプローチです。

VUCAとは


CEO 代表取締役
秋間 早苗 / Sanae Akima

山口県生まれ。東京大学大学院在学中の2006-7年、MIT、スイス工科大学などの大学連携より、サステナビリティをテーマにした学生サミットを主宰。 2008年同大学院国際協力学修士課程修了。卒後1社目の起業より、環境・医療・教育など多分野を横断する産官学連携および事業開発プロジェクトに携わり、事業性と社会性の統合、マルチステークホルダーの協働関係創出について研究と実践を重ねる。 2社目の株式会社La torcheの起業を機に、認知科学的アプローチによる「ものの見方の転換」による個人・組織の活性を取り入れ、アフリカをはじめとした国内外のSDGs事業開発、組織開発、サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)をプロデュ―ス。2児の母。

Team La Torche


赤間 悟 / Satoru Akama

Process Consultant

La torcheでは、プロセス・コンサルタントとして、組織開発の理論と現場の紐付けを行うとともに、AI活用支援を行っている。

東京工業大学・知能システム科学にて博士号を取得後、大学研究員(ポスドク)として大規模遺伝子データの分析に従事。その後、国内大手ITベンダー、総合コンサルティングファームにて、黎明期にあたるビッグデータ・AI関連の案件に従事。現在は独立し、スタートアップ企業向けのAIソリューション開発支援、大手企業向けの技術調査などを行っている。


山下 彩香 / Ayaka Yamashita

Reseach Consultant

La torcheでは、リサーチ・コンサルタントとして、調査・検証とともに、プログラム開発サポートを行っている。

トランスディシプリナリーデザイナー/ファシリテーター。ハーバード大学デザイン大学院デザイン学を2021年5月に修了。フルブライト 奨学生。竹を媒体とした、デザイン/アート、教育、コミュニティ開発の融合プロジェクトを展開するEDAYAの共同創業者。ザルツブルグ・グローバルセミナー Cultural Innovator。
ChangemakerXchange 2021-2022年度戦略グループメンバー。東京大学農学部国際開発農学専修(2010年卒)、東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻修士課程(2012年卒)を修了。


竹重 宇薫 / Ienobu Takeshige

Project Manager

La torcheでは、海外案件でのプロジェクト・マネージメントを行っている。

2016年前職の株式会社三井住友銀行を退職、単身エチオピアに渡りエチオピアでの起業準備開始。
最貧国の1つであるエチオピアで現地に根ざした事業を開始すべくエチオピアの農村で広く飼育されている牛に注目。
生産地と消費地のギャップを埋めるべくエチオピアの農村で酪農事業を行うFood for Future PLCを設立。
2021年にはこれまでのエチオピアでの経験を活かしエチオピアのなんでも屋になるべく日本国内にOne by One株式会社を設立。

2010年 株式会社三井住友銀行 国内法人営業、インドネシア駐在を経て2016年に独立。
2016年よりエチオピア国内での起業準備
2018年5月にエチオピア法人Food for Future PLC設立
2021年6月日本法人One by One株式会社設立

Partners

Inspire your Vitality

VUCAワールドをしなやかに生きる個人・組織・企業を。